« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

今年も一年早かったぁー・・・

なんで1年ってこんなにあっというまなんでしょ・・?
特に後半の4ヶ月。

「あれ、こないだ8月31日だったはずなのに、
 もう12月?」


・・・みたいな感覚、ワタシだけでしょーか・・。
しかも年々その感じが強くなる気が。
それって単に年齢のせい・・?


・・・とはまだ思いたくない、

2日前にめでたく36歳を迎えた、トミナガ
でございます。
(そう、
今年は実は年女だったのだ。
 でも今年のほとんどが35歳で
36歳なのは
 今年のうち4日だけ・・。
なんか損してる感じ・・ (笑)



さて、今年も一年、ほんとうにいろいろなことがありました。

「はなまる」を始めたり、
wa.sa.biの連載をさせてもらったり、
自転車にハマったり・・。
あ、ドラマに出させてもらったりもしました。


他にも書ききれないくらい、いろいろなお仕事をさせていただきましたー。
本当にたくさんの方々との出会いがあった1年でした!

それからこのブログ。

おかげさまで、本当にたくさんのみなさまに読んでいただき、
ワタシも、パソコンに向かっているときは

仲のいい友達にしゃべるような気持ちで、
          パチパチキーボードをたたいてます。


そんなみなさまと出会えたことに感謝。

20061222_001

(感謝の気持ちを写真で表すには・・?と考えたら
 こーなってしまいました。)



それでは・・


みなさんと、そのまわりのみなさんにとって、
来年もすばらしい年になりますように。


では。また来年~。

20061222_006  
「よいお年を~」

|

2006年12月27日 (水)

寒いのだいっきらい・・
年とともにヒドくなる冷え性とのたたかい

思えば今年はなかなか寒くならない感じでしたが
(実はこっそりそれがウレシかったのだけど)、

12月も終わりに近づき(早!)さすがにもう、
本格的な「冬」・・。

寒いのが大の苦手なトミナガにとっては
なかなかツライ季節となってまいりました。


もうね、子供のころから冷え性で寒がりでですね。
真夏のプールの授業でも1人で唇が紫色になって

「富永さんはもう上がりなさい」と言われちゃうタイプ
(クラスに1人はこんな子いませんでした?)。

さらに小学校高学年のころにはすでに、冬になると
靴下をはかないと眠れなくなり、

まぁ、そのころから末端(手足の先っぽ)は
常に冷たいのでさすがに慣れてしまっていたのだけど、
30をすぎたころからかなぁ、

その冷えがふくらはぎに、

そしてここ2,3年はとうとう
太ももまで冷えて眠れなくなってきて
(どんだけ冷たい人なんだ・・って感じなんだけど)、
寝るときにまで、
スパッツをはいたり、レッグウォーマーをつけたり
(冷え性じゃない人には信じられないでしょーねぇ)。

あまりに体中冷えて冷えてしょーがなくて、
ちょっとこわくなってきて。


これはなんとかしなくては!と思い、
おととしあたりから自分で

「ハニージンジャーミルクティ」を作って
飲むようになりました。

なんかかわいらしい名前だし、いかにも効かなさそうな
響きなんだけど、

実はけっこう、コイツがやるのです(笑)。

20061213_341



きっかけは多分、しょうがたっぷりのお料理を食べたら、
体の中からなんかポッポとあったかくなってきて、

この

しょうがパワーをなんとか手軽に
          利用できないかなぁ~、
と。



飲み物にいれれば、手軽にしょうがを摂取できるかも、
と思ったんでしょーね。

ナベに


紅茶のティバッグ
スライスしょうが1,2切れ
(スライスしてラップにくるんで冷凍しとくと早い!)、
シナモンスティック1本をいれて、
6,7分、濃い目に煮出し、

牛乳を加えて再び温まったらはちみつを。



たったこれだけなんだけど、
体の中からホント、あったまる・・。


去年の冬はしょっちゅう飲んでたんだけど、
多分、わたし、

去年とかよりも体、つらくない気がする・・(嬉!)。



今年もマメに飲んでみますか・・。
冷え性がひどい方、

ぜひ、ためしてみてくださいまし。

|

2006年12月24日 (日)

クリスマスですなぁ~

いやいや。
クリスマスイブですよ。

どーします?(笑)


今年は日曜日だし、ご家族やお友達と
楽しくすごしてる方も多いんでしょうねぇ。


20061222_002
(わが家のツリーはおてごろサイズ)

20061222_003



そして、そのツリーのむこうに、見えてまいりました。
今年のクリスマスプレゼント。

白いものが奥のほうに見えてると思うのだけど。

実はコレ、火鉢なのだ。

クリスマスプレゼント何欲しい?」って
ダンナさんに聞かれて、

「火鉢!」って答える女のひとも珍しいよね」
マネージャーさんに心底驚かれましたが・・)


20061222_005


こんな感じの白い陶器でできていて、中に灰を入れ、
一緒に買ってきた炭おこしでおこした炭をいれると。

じんわーと陶器を伝わってあったかさが。

キャンプに行くとよく焚き火をするんだけど、
あの、火のあったかさが大好きで、


だからずっと「火鉢ほしーなぁ」と思ってたんだけど、

なかなかインテリアに合うものと出会えず
(なんかすごく「和!」っぽいものが多くて)。




でもこの火鉢。

「あ、これならウチに合いそう!」

と見た瞬間にひとめぼれ。
数年ごしによーやくめぐりあえました。

20061222_004
(こんな感じ)


あ、ダンナさんへのプレゼントですか?
もちろん自転車の部品(笑)。
いちおーリクエストにお答えしてみました。




ではでは、これからトミナガはいざお仕事へ行ってまいりますー。
とゆーわけで、

今日が仕事のひとも、お休みのひとも、
誰かと一緒のひとも、たまたま1人のひとも

(ちなみにワタシもダンナさん仕事で大阪のため、
 3日前から今日まで1人・・。
 ま、そーいうこともありますな。)、




「メリークリスマス」です~。

あー、明日はなまるだ・・・(5時起き・・)。

|

2006年12月22日 (金)

この冬は七味唐辛子でカイロいらず??
3日間のロケのあと、
気づけばわが家は七味だらけ・・ 後編

わが家の七味唐辛子を少しでも消費しよう!
プロジェクト。(そんな話だったっけ?)


実は。
色々食べくらべてみると、意外にも


汁系じゃないものと合わせると、
七味がコーティングされて辛さがあまりしみでてこず、

比較的、香りだけ楽しみながら食べられる、

ということを、今回いろいろなレシピを習ってみて実感しまして。



たとえば、
ゴマ油
(なんか納豆のときもゴマ油でてきたな・・)。

海苔とザーサイと七味の和え物にゴマ油を加えると、
(あとは醤油と白ゴマ、みりんで味付け)

そんなに
「辛っ!」とならずに食べられるし



あと、一番カンタンでおいしいと思った使い方は
マヨネーズと味噌と七味
混ぜ合わせて、野菜スティックにつけたり、
焼き鳥につけたり。



これもマヨ効果であまり辛くない。
ウチではもともと
マヨ味噌おろしにんにく少々
混ぜて、野菜につけてたけど、


「七味のがおいしい~」と思いました。
(なので今度からは七味にしよっと。)




しかもロケで七味を使ったお料理をさんざん食べたあとの家路。
寒いはずなのに、
なんか体の中からポカポカ感が
まるで、

おなかにカイロを貼っているかのよーな
あったかさ。




これからは寒い朝、仕事に向かう前に
七味を使ったなにかを食べようかな・・

ちょっと思いました。




しかし3日間のロケを終え、
気づけばウチには七味(と一味)がこんなに。

20061213_009

京都七味家のもの
こちらもロケで伺った、
浅草のやげん掘のもの
(ここが七味唐辛子発祥の店らしい。やっぱり三大七味のひとつ)、
そしてS&Bさんのもの・・。

こんなにいっぱいどーしよう?


今までは1本ですらもてあましてたのに・・。
かなり、がんばんないと(笑)。




あ、ちなみに三大七味、残るひとつは、
長野、善光寺の八幡屋礒五郎というお店のもの。

しょうががはいってるんだそーですよ。


20061213_047

(京都、けっこう寒かった・・)

さて。私の次回のはなまるは
25日放送の「ビギナーズおせち」。


「え?そんなカンタンに、しかもあっという間に
      伊達巻きが、栗きんとんができちゃうのー?」


・・・という目からウロコの作り方を教わってきました。
おウチにいたら見てね♡

|

2006年12月20日 (水)

この冬は七味唐辛子でカイロいらず??
3日間のロケのあと、
気づけばわが家は七味だらけ・・ 前編

日本には「三大七味唐辛子」というのがあるらしい・・。

しかも、七味って土地によって入ってる7種類が
それぞれ違うらしい・・。



知ってました?
わたしはぜんぜん・・・(苦笑)。



先日12日放送のはなまる。


テーマは七味唐辛子
そのロケまたまた京都へ行ってきました
(今度は日帰りで・・)。

20061213_053 20061213_060
(産寧坂とその近くにあった日本庭園。きれいだったので撮ってみた・・)



清水寺の近くに、三大七味のひとつ、

「七味家」という
江戸時代からつづく老舗があって


20061213_019
(こちらが七味家さん)

そちらを取材に。

わたしも冷え性なので、

唐辛子系には興味がないわけじゃなかったのだけど、
辛いのがそんなには得意じゃないうえに、
七味唐辛子ってそばやうどんにかけるくらいで
あんまり出番がないので、
(しかもウチはダンナさんがそばを食べない・・(悲))

私にとって七味は、賞味期限がすぎてもいっつも残ってしまう、
まさに
「使い方のよくわからない調味料」。
(期限の半年後とかに「あ」と気づいて「あーあ」と思いながら
中身をゴミ箱へ・・。ごめんよ、七味・・)





でも、今回は京都のお料理学校やら
S&Bさん(スパイスとハーブのエスビーさんです)で、

七味唐辛子の使いまわし方を習ってまいりまして、
私のように「このコの使い方がよくわかんない・・」という方には
ちょっとしたヒントになるかな、と・・。



なのだけど。
今、この先を打っていたのだけど、
なんかすごく長くなっていきそうだったので、


続きを次回にするお許しをいただこうかなぁ~と、

ここまで戻ってきちゃいました(笑)。

ここからが本題なのに、前置きが長すぎて・・。
次回はきっちり
本題からReady Go~で。
(なんじゃそりゃ)

|

2006年12月17日 (日)

上がってきた雑誌の校正を見て
思わず笑ってしまった、
そのちょっと気になるタイトル

10月のなかばだったかなぁ、
前に「あのひとの一週間の食事ダイアリー」
というページに文章と写真を寄せたことがある
「からだにいいこと」
(祥伝社さんより発売)という雑誌から、

「トミナガさんの生活がかなり健康的な
感じだったので、普段の生活の様子を
自宅で取材させてもらえませんか?」

という依頼があり、11月の上旬に取材をうけまして。


そののちしばらくたって、
使う写真やライターさんが書いてくれた文章のチェックのため、
いつものように編集部から校正が届いたのだけど。

写真も文章もいい感じだし、
あっさり「チェック終了~」となるはずが、
さきほどはなにげなく読み過ごした

そのタイトルに目がとまってしまい。


ちなみにこれがそのタイトル。

「キッチン・リビング・バスルーム・・
家中のぞいたら秘密の美習慣がいっぱい!

(ここまではなんの問題もございません・・)

やっぱり違う!いつまでもキレイな人の
(ここでは私が「キレイ」かどうかはとりあえず置いときましょう)

「老けない暮らし方」」


20061213_017

(これが「問題」(?)のタイトルだ!)

20061213_027

(ほんとはこんなかんじの3ページ)


ねぇー、この最後の1行気にならない~?(笑)。

「老けない暮らし方」って・・。

これって裏をかえせば
「このひと、もう老けてても充分おかしくない年なのに
老けてない! やるぅ~!」

みたいなことかぁ?(笑)


まぁ、たしかにあと何日かで36になるからねぇ・・と思うと、
あまりにリアルすぎてつい笑ってしまいました。

「そんな一言が気になるよーな年になってんだね、
あたしってば」。

改めて実感・・(笑)。

でも雑誌のページ内容のほうは、
私が健康のために日々とっている体によさそうなもの
(酢とか梅とかゴマとか、ほかにはスリッパとか、色々・・)を
いろいろ紹介してくれていて、とてもきれいなページたち
なっているので、もし機会があったら見てみてください
(16日に発売になってるとおもう~))。



なぜか1枚、タローのカットもあります(笑)。

|

2006年12月11日 (月)

ワタシ、そんなシステムがあるなんて
知りませんでした・・。
宅配食材を主婦の目で徹底検証。

いやぁー、思いもかけず納豆ばなしが3回にも
わたってしまったので遅くなってしまいましたが、

先月30日放送の「はなまるマーケット」、
テーマは
「宅配食材」でした。


20061130_054_1

(スタジオの洋服はスタイリストさんが持ってきてくれる
数点の中からリハのあと選んで・・)



20061130_028_2

(放送開始直前にアタフタ着替えるのであった・・。
今日はこれに決定!)




それにしても宅配食材とはなんぞや?


だいたい「次、トミナガさんはこのテーマとこのテーマね」的な
ことは前の月のまんなかくらいかなぁ、にプロデューサーさんが
他のスケジュールなどと照らし合わせて、担当の日程とかテーマを
決めるんだけど、



宅配食材と言われて以来ずっと
「お取り寄せみたいなもんかな?」とか、

「生協(・・がこの場合一番わかりやすい例えかなぁと
思ってみたんだけど)のようなものかな?」

などと勝手に思っており。




で、ロケ場所にむかうロケバスの中で、
よーやく(遅!)その実態がわかったのだけど、
なんと、

選んだメニューに必要な食材が、
              必要な分量だけ届く、

というシステムなのでありました。


それも食材がそのまま届くタイプ
(例えば酢豚を選んだら、豚肉1パック、ニンジン2ぶんの1本、
ピーマン1個・・みたいな)と、


半調理タイプといって、
必要な食材が下ごしらえが済んだ状態で届くタイプ
(同じ酢豚なら揚げてある豚肉1パック、乱切りして
下ゆでされているニンジンとタケノコが適量、同じく切ってある
ピーマンやら、玉ねぎやらも適量・・みたいな感じ)があるとかで。




要は、買い物に行く手間が省けて、必要な分量だけ届くから
冷蔵庫に食材があまってしまうことがなく、

カタログを見て食べたいものを選べばいいから、
献立にあれこれ頭を悩ます必要がない、
というのが利点らしい(たしかにね・・)。



さらに半調理タイプだと、材料が切ってあるから調理時間が
すごく短くてすむ上に、合わせ調味料がついてるので、

ダンナさんでも作れちゃう(しかもレシピもついている・・)、

あと、いち主婦としてトミナガが思ったのは
まな板をまったく使わないし、生ゴミが出ないので、

後片付けも早いだろーな、ということ。




うーん、忙しい主婦には確かに便利かも
(実際、私が担当したこれまでのどのテーマよりも
今回が一番、岡江さんの興味津々感が伝わってきたかも)。



でも、合わせ調味料だと、

どーしても「ウチの味より濃いわ・・」的なことが
出てくると思うので、



ワタシが使うとしたら、
半調理タイプの「下ごしらえ済み」という
便利なとこだけは使わせていただき、
味つけは家に調味料いろいろあるんだし、



自分でして、自分の味にしたいかなぁ~、


・・などと、けっこう日々、献立に悩んでる主婦としては
リアルに生活に直結するだけに、

意外と真剣に
宅配食材のいい点、悪い点
検証してしまったのでありました。



とはいえ、ワタシ個人としてはスーパーに行って、


「あ、今日豚肉安いから豚しゃぶしよ!」みたいな、

「今日は安くあがったぞ(笑)」って
心の中で1人ニヤニヤする感じがけっこう好きなので

実際に使うかどーかは疑問なのだけど、


小さい子供がいたら使うかも・って

思ったかな。




トミナガ、次回のはなまるは12日放送の「とうがらし」です~。

寒さ厳しいこの季節、気になるテーマでございます(笑)。
おうちにいたら見てくださいまし。


20061130_032_1

(結局今日も長くなってしまった・・・。)

|

2006年12月10日 (日)

めくるめく納豆ワールドへようこそ(笑)
完結編。

えー、3回にわたってお送りしてまいりました
納豆ばなし
(しょーじきこんなに納豆の話するつもりはなかったのだけど)


納豆家のご主人
(おぼえてますか?
西の納豆キングです・・
いわく、納豆って、

カレーやビーフシチューなんかにいれても
おいしいらしい

(その場合は納豆に少量のゴマ油を合わせるといいとか)。



・・のだけど、
納豆がけっこう好きなワタシとしては、
やっぱり納豆をストレートに味わいたい気も。

そんなことを思いながら訪ねた屋台で出会ったどんぶり
(元八郎(もとはちろう)丼っていうんだそーな)。

納豆、大根おろし、キムチ、
生卵、きざんだ長ネギ、しょうゆを
混ぜ合わせてご飯にのっけただけなんだけど、

ものすごいおいしい。

ウチでもよく納豆にキムチ、万能ネギをいれ、
ゴマ油少々としょうゆを加えて食べるけど、
この屋台のどんぶりの
ポイントは大根おろし。

屋台のロケの前に福岡名物「水炊き」(「いろは」っていう
有名(らしい)なお店に連れていってもらいまして・・)
をしこたま食べ、
「おなか苦しい・・」みたいな状況で
伺ったにもかかわらず、

このどんぶり、止まりませんでした。

大根おろし効果で、納豆なのにアッサリ、みたいな感じで。
でもキムチも入ってて

「パワー出そう、スタミナつきそう」感も満載だし。


これはカンタンだし、
1人暮らしの男性とかにもおすすめ!と思いました
(けっこう男の人が好きそうな味なので)。


・・・てなわけで、
納豆1パックからいろんな世界がひろがるもんだなぁー
(いろんなお料理にアレンジして使えるんだなぁーってことなんです
けど・・)、と、

めくるめく納豆ワールドにかなり感心してしまった、
今回の福岡への旅でした。

納豆きらいな人も次回から戻ってきてね(笑)。

|

2006年12月 7日 (木)

めくるめく納豆ワールドへようこそ(笑)
つづき。

放送後、

「あの、糸をひいてたケーキは
             ほんとにうまいのか?」

と、友達から問い合わせ殺到の納豆ガトーショコラ(笑)。

200612_002_1 
(実はガトーショコラ以外にも、納豆チーズケーキ、
納豆ティラミス、納豆抹茶ムースなどなど、
けっこういろいろ納豆入りのスイーツがあるのであった・・・。
食べ
てないけど・・)


さすがにケーキは主婦的に現実味にかけるので、
今回はもうちょっと直球な感じの納豆使い。

前回登場の「納豆家粘ランド」で数々紹介していただいた
納豆アレンジレシピの中でも、

ワタクシ的に一番カンタンそうで、応用がききそう!
と思ったのが
「納豆マヨソース」。

納豆家さんでは、小麦粉をつけて揚げたエビ
かけていたんだけど(イメージ的には、中華料理屋さんで
出てくる、エビのマヨネーズいために納豆が加わった感じ・・)、

鶏肉やお魚でも合うとのこと
(揚げたりいためたりしたお野菜でも合
いそう・・)。




まず油を熱したフライパンに
きざんだ長ネギ少々と料理酒1/4カップ、
水1/4カップ、塩、こしょう少々を入れ、
マヨネーズ大さじ5を加えたら、
納豆1PACKを投入。
納豆をいれたら10秒ほどで火をとめ、
これで
ソースは完成。

これを肉でも魚でもエビでも、
マヨネーズ味が合いそうな、好きなものにかけるだけ。
なんかソースに納豆が入っただけで、
すんごいボリューム感がアップ!

納豆ってカサ増し効果抜群なのね、と実感。

「今日、おかずの量少ないわ・・(寂)」
というときは
ぜひ、納豆を加えてくだされ(笑)。


もうひとつ、シンプルなのに
ものすごいおいしいどんぶりと出会ったのだけど、

またまた長くなりそうなので、
もう一回だけ納豆ばなしじゃダメでしょーか・・?

ということで、
次回は屋台の超カンタン納豆どんぶりってことで・・。
(納豆でこんなにひっぱっていいのだろうか。
                納豆キライな人はゴメンナサイ!)

|

2006年12月 4日 (月)

めくるめく納豆ワールドへようこそ(笑)
納豆がこんなにいろんな料理に使えるなんて
(@_@)

先月24日放送の「はなまるマーケット」。

テーマは「おいしい納豆料理2006」だったのだけど、
そのロケで薬丸さんと福岡に行ってきました!



「え?福岡??納豆で福岡?」


・・・ワタシも最初、福岡に出張、と聞いたときには
頭の中に
「?」 マークが飛び交いましたが、

すごい人がいたんです、福岡に
(ちなみに「はなまる」的にはこの方
「西の納豆キング」
勝手に命名させていただきましたが)。



んじゃ、「はなまる的」東の納豆キングは誰なのさ?って
話なのだが、


実はそれが薬丸さん
(はなまるをずーっと見てくださっている方が
いたら、薬丸さんの納豆好きはご存知かな??)。



というわけで、2人でその
「西の納豆キング」のもとを
訪ねたのだけど・・・。
その方がいるのがこちら。

200612_001_3













「博多フードパーク 納豆家
     粘ランド(ねばらんど・・・ダジャレ??)」



お店のメニューすべてに納豆が使われている、というこのお店、
一日に使う納豆の量は
300パック、15キロ
(15キロの納豆って想像したいようなしたくないような・・)。

納豆を使ったレシピを120種類以上も考案したという、
そして今なお日々納豆料理のことばっかり考えているという
こちらのご主人が
「西の納豆キング」。
(いや、お話を聞いてたら、その研究熱心っぷりには感心!
でしたよ~)





そんな納豆について研究に研究を重ねているご主人が
たどりついた、
納豆と相性のいい食材、ベスト3
というのがまたちょこっと変わっていて、


(これは納得ですよね)、
チーズ(ちなみにクリームチーズ。 ま、これも合いますよね)、

そしてもうひとつが、なんとチョコレート
(納豆とチョコですかぁ~?って感じでしょ?
やばそうな感じでしょ?)」。

これには薬丸さんも、もちろんワタシ
も、
OA当日のスタジオのみなさん
も、
当然
「えーーー???」。




しかぁし!

ご主人が持ってきた納豆の入ったガトーショコラ
(チョコケーキですね)をひとくちいただいてみると。

・・・? まったりというか、ねっとりというか、
トリュフチョコをいただいてるかのよーな口どけ。




チョコの味が濃厚なので、納豆の味があまりわからない・・
(あ、でもチョコ味を堪能したあとで、思い出したように
納豆の味がしてきたかも・・)。



意外にも、不覚にも(笑)おいしくて、2個食べました・・。
あ、でも、ケーキにフォークいれると糸はひきます
(やっぱり納豆はいってるからね・・)。



意外と納豆、奥が深かったので、
次回はその、粘ランドと屋台でみつけた

カンタン、納豆を使ったお料理。


納豆、安いのに、お料理がグンとボリュームアップして
お得感あるなぁー、ってのが、

主婦のしょーじきな感想でした(笑)。

では今度~。

|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »